とある学園の雑記

このブログは株式会社トミーウォーカーが運営するPBW、「シルバーレイン」と「エンドブレイカー!」に関する事柄を書いていく予定なので、トミーウォーカーとかPBW、シルバーレインやエンドブレイカー!がどんなゲームなのか分かる人向けのブログ。

スポンサーサイト

--月--日(--)--時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |コメント(-) |トラックバック(-)


自PCで恋愛ゲーバトン 川嶋菜々香ルート

08月30日(日)15時24分
最近何だか暇でしたので、レイナ様にバトンが欲しい言いましたら、
とても面白そうなのを下さりましたわ。
早速答えようと思いますわ。
【1、自PCで恋愛ゲー!?では、攻略される側ですがOK?】

わたくしが攻略する側でいたいですけれど、まあ良いですわ。


【2、自PCで恋愛ゲー!?での登場シーン(希望)をどうぞ。】

銀誓館学園に通う為、一人鎌倉へ引っ越して来た主人公。
今彼は学園指定の寮に向かいたいのだが、道に迷ってしまった。
右往左往している主人公に
「あの、どうかしましたか?」
学園の中学女子夏服に身を包んだ、一目見ただけで ボンッ キュッ ボンッ だとわかる少女が声をかけてきた。
主人公は道に迷っていると告げると
「まあ、大変ですわね。良かったら案内しましょうか?」
少女はまるでシスターのような、後光を放ちそうな優しい笑みを浮かべた。

第一印象は「優しそうなお姉さん」というのをアピールしたかったので、こういう登場にして見ましたわ。


【3、自PCで恋愛ゲー!?でのキャラ特性をどうぞ。】

巨乳ドS、以上!
……と言いたい所ですけれど、それだけではつまらないですわよね。
えっと、巨乳であることは自慢ですけれど、学園にはもっと美しい方がいるので、もっと美貌を磨く為に色々と努力している所とか。
それと、ドSだけど自分より他人を上手く弄っている方には尊敬し、崇拝している所とか。
そんなかんじかしら。



【4、自PCで恋愛ゲー!?でのツンデレ%を、 オリジナルスパイスを加えて現して下さい。】

ツン:0.1%
サディズム:99.8%
デレ:0.1%

やっぱり、嬲らないと満足しませんわ。


【5、自PCで恋愛ゲー!?での強気特性をどうぞ。】

強気ですか?
例えどんな逆境でも仲間を信じている所とか……。
他には無限に増殖する敵にはひるむどころか、何度でも八つ裂きにできる喜びに震える所とか、かしら。



【6、自PCで恋愛ゲー!?での好感度上昇の仕方についてどうぞ。】

最初は知り合いからスタートですわ。
主人公の行動次第で以下のようになりますわ。


1.主人公が「弄る」:しつこい奴→嫌いではない→悪友
2.主人公が「弄られる」:弄りがいがある奴→おもちゃ→信頼できるおもちゃ
3.「友達」として接する:友達→仲間→相棒
4.主人公が「他人を弄る」:気になる存在→尊敬→忠誠

ある好感度はイベントシーンを出さないと上昇しませんけど、他の好感度は普通に上昇しますわ。

◆授業時間内(休み時間、昼休みも含む)
知り合い・しつこい奴なら主人公から会いにこないといけませんわ。
それ以外でしたらわたくしから会いに行きますわ。
むしろ「弄られる」系でしたら、すぐに会いに行くと思いますわ。

◆放課後・休日
基本的に授業時間内と同じですわ。
でも、ここである好感度がゲージMAXで「GTへ向かう」を選ぶとイベントシーンが発生しますわ。


☆イベントシーン

『嫌いじゃないのかな?』
(しつこい奴→嫌いではない)

へました。
あいつに負けたくないという焦りから集中力を欠き、ボスゴーストにあっさりと倒された。
意識が混濁する中、あいつは必死に敵の攻撃をわたしからかばい、ボスゴーストに向かって訳の分からないことを叫びながら一撃を浴びせた。

気がつけば、わたしはあいつにおんぶされていた。
「お目覚めですか? へっぽこお譲ちゃん」
気がついたわたしに、あいつはいつもどおり毒舌を吐いた。
でも、何故だかわたしにとってその毒舌は、照れ隠しに思えた。
わたしは心の中でこう思った。
(「わたし、あいつのこと、嫌いじゃないのかな?」)

『最高のおもちゃ』
(おもちゃ→信頼できるおもちゃ)

今回、あのおもちゃには囮をさせることにしましたわ。
何度か死にそうだったけれど、さすがわたしが見込んだおもちゃ。ちょっとやそっとでは壊れませんでしたわ。
そしてボスゴーストがいると思われる部屋に入りましたわ。
中には怨みたっぷりのオーラを放つ地縛霊が一体と、その取り巻き数体。
「さあ、始めまるぞ!!」
そう高々と声をあげたわたしに対して、おもちゃはわたしを突き飛ばした
「ちょっ!? 何をして……、ッ!!?」
ちょうどわたしがいた床が突然溶け出し、下から不気味な緑色をしたぶよぶよの芋虫妖獣が現れた。
わたしは驚いたけれど、
「ふ、さすがわたしの最っっっ高のおもちゃだ! 良いだろう、今日は共に戦うことを許そう!!」
すぐにおもちゃの元に駆け寄り、背中同士を合わせた。
それはわたしにとって、信頼の証だ。
さあおもちゃよ、存分に戦え!!

『共に戦うということ』
(仲間→相棒)

わたしもあいつも、死にそうだった。
取り巻きは倒したけれど、ボスゴーストのリリスが冗談無く強かった。
それでも必死にダメージを与えていき
「まずい、あの構えは!?」
開戦そうそうボスリリスが放った強力な範囲攻撃。
わたしたちはかわそうとしたが、間に合わなかった。
わたしたちの、負け? という言葉が浮かんだが
あいつは立ち上がった。
わたしより何度も打ちのめされて、それでも立ち上がっていた。
あいつは倒れようとするわたしのことは見もしない。
だが、それがあいつにとっての信頼の証だとすぐにわかった。
「あ、きらめて、たまるかぁぁぁあああ!!!!」
わたしの魂も肉体を凌駕し、立ち上がった。
「これでおしまいにするぞ!」
わたしとあいつはすぐにボスリリスに向かって走り出した。

『我が主』
(尊敬→忠誠)

GTは制覇できた。
あの方は始終笑みを絶やさずに、余裕たっぷりにゴーストどもを圧倒していた。
わたしは、以前から聞いてみたかったことを聞いてみた。
「なぜあなた様はそこまでお強いのですか?」
あの方は面食らったように驚いた。
自分はそこまで強くなんか無いと言った。
わたしは、この方のことが好きだ。
それが人として好きなのか、男として好きなのかよく分からない。
それでも、わたしはいつかこの方についていきたいと思っている。
人として好きだとしても、男として好きだとしても、
この方はわたしにとって、主だと思えたから。


【7、自PCで恋愛ゲー!?での好みのタイプについてどうぞ。】

それはやっぱり、わたくしより弄りが上手い方ですわ。
いつかわたくしもこの方のようになってみたいと思い、いつしか惚れてると思いますわ。



【8、自PCで恋愛ゲー!?でのPCのツボ(萌えシチュ、についてどうぞ。】

つ、ツボ!?
えっとえっと、やはり主人公や敵を弄り倒している時の、あの恍惚とした笑顔かしら。
あと、尊敬している方へ向ける、羨望の眼差しも萌えるはずですわ!



【9、自PCで恋愛ゲー!?での(トゥルー?)エンドについてどうぞ。】

◆バッドエンド『簡潔』
(好感度:知り合い・しつこい奴)

戦争が終わって、宴に参加しようとした主人公に、ある書類が届いた。
今回の死亡者一覧だ。
主人公は毎ターン確認していたから、第7ターンまでは知り合いが誰も死んでない事は知っていた。
主人公が書類を捲っていき、最後の欄に

菜々香の名があった。

◆ノーマルエンド『決戦!!』
(好感度:嫌いではない・弄りがいがある奴・おもちゃ・友達・仲間・気になる存在)

第1ターン開始直前。
主人公と菜々香と仲間達は円陣を組んでいた
「家庭科室。~、ファイ、オー! ファイ、オー! ファイ、オー!!」
互いを励ましあい、能力者はそれぞれの戦場へと向かった!!

◆グッドエンド『大好きですわ』
(好感度:悪友・信頼できるおもちゃ・相棒・尊敬)

戦いは銀誓館の勝利に終わった。
敵の総大将を討ち取り、主人公も菜々香も、その仲間達も生きていた。
今、ニ人で静かな町の中を歩いている。
「ん~! やっと終わりましたわ。」
菜々香が大きく背伸びをし、
「○○。わたくし、あなたのことが誰よりも好きですわ」
突然の告白に主人公は一瞬分からなかったが、すぐに顔が真っ赤になった。
「ふふふ、これからもよろしくお願い致しますわ」
菜々香は主人公と腕を組み、満面の笑顔を見せた。

◆トゥルーエンド『幸せの涙』
(好感度:忠誠でゲージがMAX)

戦いは銀誓館の勝利に終わった。
敵の総大将を討ち取り、主人公も菜々香も、その仲間達も生きていた。
今、ニ人で静かな町の中を歩いている。
「終わりましたね。○○様、お疲れ様でした」
菜々香は歩みを止め、主人公に一礼した。
でも、何故か菜々香の表情は辛そうだった。
まるで、自分に嘘をついているような雰囲気だった。
それを察したのかそうでないのか分からないが、主人公が懐から小さな箱を取り出した。
「これは?」
不思議そうに箱を見る菜々香に、主人公が開けてごらんと言う。
すぐに菜々香は箱を受け取り、開けてみる
「これは……!!」
それは指輪だった。小さいけれど、確かにダイヤモンドもはめ込まれている。
菜々香はすぐにこの意味を悟った
「良い、のですか? わたくしのような低俗なものが、あなたのような高貴なお方のお側にいて……」
主人公は菜々香の言葉を否定した。
菜々香は低俗なんかじゃないと、自分も高貴じゃないと。
そして、俺は菜々香と一緒にいたいと。
「嬉しい…………!」
菜々香の瞳から、溢れんばかりの涙がボロボロと流れ落ちた。
でも、その顔はとても幸せそうだった。


えーっと、この質問も6の質問も、長すぎて申し訳ありませんorz
どうしても短くまとめられませんでした……。



【10、自PCで恋愛ゲー!?バトンを渡したいPCを5人どうぞ。】

とりあえず

カズマさん
(無限のファンタジアの)フィリアさん

の二人は確定ですわ。
これ以上知り合いがいませんので、ご自由に持っていって下さい。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kanadukimizuki.blog42.fc2.com/tb.php/41-a086f36d

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

金月水木

Author:金月水木
2007年8月、シルバーレインと出会い、
PBWとTRPGの虜となる。
好きな言葉は燃えと萌え。
大好物は牛乳。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。